布編み館

作り方

作り方、布編みの手順

用意する物
  • 布編み棒 大・小
    大棒は約7cm〜12cm巾の布に、小棒は約4cm巾前後の布に使います。
  • 綿100%の生地 (できれば薄手のもの)
作業手順
  1. 用意した布を8センチ幅で縦に裂く
    裂けない布は裁って下さい。
    (完全に裂いてしまいます。短冊切りのようにミミを残さなくて良いです。)
  2. 四つ折にしながら、作り目して、鎖編みを始める
  3. 鎖編みやコマ編みを使い分けながら続けていく
布の足し方

布と布を約10センチ重ね、同時に四つ折し、その部分を軽くにぎったまま作業を続けます。この際、布を縫う必要はありません。

ごくごく簡単な説明となっていますが、おさえておくべき基本は本当にこれだけなのです。あとは毛糸編みと同じ要領で鎖編み・コマ編み・長編みなどで作業を続けていれば、あっと言う間にできてしまいます。

ヘアーバンドを作ってみよう

初めての方は簡単なものから始めてみましょう。
まずは洗顔やお化粧時に重宝する鎖編みだけのヘアーバンドを作ってみて下さい。

編み始めと終わりを約20センチ残しておいて、頭にフィットするよう結びます。
鎖部分は約40センチです。

ヘアーバンド

写真右側は鎖編みの途中の状態です。左から4cm巾・8cm巾・12cm巾。
布巾に比例して鎖編みの目の太さが変わっているのが分かります。


この鎖編みだけのものが、下の写真のようにヘアーバンドだけではなく手提げ袋・バッグの持ち手やカーテン留めにもなります。

バッグの手提げ・カーテン

鍋敷きを作ってみよう

ヘアーバンドができてちょっといい感じに慣れてきたら、次は鍋敷きに進んでみましょう。
ヘアーバンドと同じ要領で鎖編みを繰り返していきます。鎖10目を輪っかにして、鎖編みとこま編みを交互に一周、その次の段は引き抜き編みで一周します。驚く程簡単に、しかしながら実用的な作品がすぐにできあがります。


鍋敷き・コースター

大きなものは鍋敷きに、小さなものはコースターに。その他にも花瓶敷き・急須置き・小物置き・鍋つかみなど幅広く使えます。

▲ ページ先頭へ戻る
blog

新着記事 (5件)